乳酸菌で予防できる | 腸閉塞や肌荒れを乳酸菌などの食品で対策【辛い症状飛んでいけ】

乳酸菌で予防できる

サプリメント

ただの便秘だと思っていたら「腸閉塞(ちょうへいそく)」だったということは少なくありません。腸閉塞は別名「イレウス」とも呼ばれており、腸内に食べ物や便が詰まってしまう症状です。腸がふくらみ、腹痛や嘔吐、排ガスといった便秘に似ている症状が現れます。そのため、ただの便秘だろうと軽く考え、病院で受診するのが遅くなってしまい、最悪の場合死に至るケースもあるのです。そうならないためにも、ただの便秘と腸閉塞の違いをしっかりと認識し、少しでも違和感を感じた際は病院で受診する必要があります。腸閉塞は入院が必要になり、治療期間中は食事や水の摂取ができない深刻な症状なので、はやめに治療に専念することが大切です。

腸閉塞の主な原因は腸の癒着です。手術後や腸にできてしまった傷は、自然と回復するために腸が癒着を開始します。その際、本来ならくっつくべきではないところがくっついてしまい、腸が異常な形で定着してしまう場合があるのです。それが原因により腸内は物が詰まりやすくなり、腸閉塞に陥ってしまうのです。腸内環境を整えることが腸閉塞の主な改善・対策方法です。腸内環境を整えることでもっとも注目されているのが乳酸菌です。乳酸菌には腸内にある悪玉菌を抑制し、便秘解消効果や腸内環境の改善効果があります。そのため、腸閉塞の原因による腸の癒着を防ぐことができるのです。乳酸菌には腸閉塞予防、改善効果以外にも日頃から健康的な体にする効果ももっているので、日常的に摂取してくと適切です。便秘に悩んでいる人や、手術などで腸閉塞になるリスクが高まっている人は乳酸菌を積極的に摂取しましょう。